▼ページ最下部へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ページ最下部へ △ページトップへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<編集中>Adobe Creative Suite 4 Master Collection の内容

* かなり長いので、まだ編集途中ですが公開します。


Adobe Creative Suite 4 Master Collection の体験版をパソコンにインストールしようとしたが、

中身のソフトが知らないものばかりだったので、

どんなものなのか調べてみた。

忘れた時の為、また見れるようココに残します。


↓ Adobe Creative Suite 5 Master Collection Windows版
  (下記は"4"ではなく,現在のバージョンの"5")





↓ "3","4","5"の製品ソフト一覧比較
AdobeMater旧バージョン比較


↓各ソフト正規価格です。結構高いです(゚Д゚;)

AdobeMasterCS5製品一覧1AdobeMasterCS5製品一覧2




主に下記のサイトから引用

Wikipedia (内容が多いので、一部要点を抜粋)

Wiki_アドビシステムズソフト一覧

IT用語辞典 e-Words

上記には書いていないソフトを含めて、
全部で21ソフトほど入っています。

では、大まかに有名ソフト→マイナーソフトの順番で↓

(また、ここの場所に戻るときは
 各ソフト紹介後にある「ソフト目次」をクリックして下さいな。)
 


<紹介ソフト一覧 目次>

1, Flash (Fl) FlashProfessional

2, Photoshop (Ps) Photoshop

3, Illustrator (Ai) Illustrator

4, Dreamweaver (Dw) Dreamweaver

5, Fireworks (Fw) Fireworks

6, Indesign (ID) Indesign

7, Acrobat Acrobat

8, SoundBooth (Sb) SoundBooth

9, Contribute (Ct) Contribute

10, Bridge (Br) Bridge

11, AfterEffects (AE) AfterEffects

12, Encore (En) Encore

13, PremierePro (Pr) PremierePro

14, OnLocation (OL)  OnLocation

15, MediaPlayer MediaPlayer

16, MediaEncoder MediaEncoder

17, VersionCueServer VersionCueServer

18, ExtensionManager ExtensionManager

19, Drive Drive

20, DeviceCentral DeviceCentral

21, PixelBenderToolkit PixelBenderToolkit



 


FlashProfessional 1,Flash (Fl)

<e-Words>

音声や動画、ベクターグラフィックスのアニメーションを組み合わせてWebコンテンツを作成するソフト。また、それによって作成されたコンテンツ。

Adobe Flashで作成されたアニメーションはただ再生するだけでなくマウスやキーボードによる操作や入力フォームによる文字入力も可能で、Adobe Flashが一種のアプリケーション実行環境となっている。

Adobe Flashによって作られたファイルを閲覧するには、Webブラウザに専用のプラグイン「Flash Player」をインストールしておく必要がある。Adobe Flash自体は有料だが、Flash Playerは無料で配布されている。最近ではAdobe FlashアプリケーションをOS上で直接実行できる「Adobe AIR」という実行環境も公開されている。

Adobe FlashはもともとFutureSplash社の「FutureSplash Animater」というソフトだったが、同社を買収したMacromedia社によって「Macromedia Flash」と改名された。後にMacromedia社もAdobe Systems社に買収され、現在では「Adobe Flash」となっている。


<Wiki>http://ja.wikipedia.org/wiki/Adobe_Flash

ベクターイメージが規格の中心で、それにスクリプトで制御することによりマウスの動きに合わせてアニメーションしたり、音を鳴らしたりなど、インタラクティブなウェブサイトを作成するのに向いている。アニメーション、ゲーム、ウェブサイトのナビゲーション、音楽再生などのコンテンツを作るためのソフトウェア。

再生環境への依存度が低く、ベクターイメージを扱う場合、ウインドウサイズを変えても画質が劣化しないという特徴がある。ラスターイメージを扱うこともでき、この場合ビットマップスムージングで画質の劣化を目立たなくすることができる機能がある。

Flashを用いるとインタラクティブ性の高いウェブサイトにすることも可能だが、Webブラウザやプレーヤーからテキスト検索できない。ただし、Googleなど一部の検索エンジンは Flash内のテキストを抜き出して、検索対象とすることができる。

Flashによるアニメーションは、ポータルサイトや企業や公的機関、歌手や個人のウェブサイト等においてトップページに使用されるが、HTMLの代替ページを用意していない場合は、アクセシビリティの観点から批判も受けることも多い。

また、Flash上に表示されたテキストは、通常のテキストや画像のようにブラウザの機能を用いてコピーや印刷、保存することが不可能なため、たとえば歌詞などのテキストをFlashを用いて表示し、容易にコピーペーストされないようにするという特殊な使われ方もある。

ベクターイメージで描画する事により動画データとしては非常にデータ量を小さくした事により注目される。


アップルは、Safariがクラッシュする原因の大半はFlash Playerによるものだとし(Mac版Flash PlayerはWindows版に比べ安定性が低い[要出典])、動作が重くセキュリティ問題を抱えるFlashは携帯機器には不向きであるとして、iOS上では動作しないようにしている[11]。同社はまた、Flashの代替として、プラグインを必要としないHTML5を強く推奨している。

しかし、HTML5はまだ仕様が確定していない発展途上の段階であり(2014年までに正式の仕様が勧告される予定)、現時点では実装状況はブラウザによって異なる。そのため、Flashを完全に置き換える要素にはなっていない。

Googleは、HTML5を強く推進し、また独自の動画規格WebMを開発している一方、AndroidをFlashに対応させたり、Google ChromeにFlash Playerを内蔵させている。

また、Adobe自身もFlashからの変換ツールを開発する等、HTML5を推進する立場をとっている。


Flash のファイルフォーマットである SWF は仕様が公開されており、サードパーティー製の Flash 作成ソフトも多数存在する。

ソフト目次



 


Photoshop 1,Photoshop (PS)


<e-Words>

Adobe Systems社の画像編集アプリケーションソフト。

印刷用原稿などプロ向け画像編集ソフトの定番として幅広く利用されている。

フォトレタッチソフトと呼ばれるソフトの一つで、既存の画像に特殊効果を施したり編集したりすることが主な機能である。

多彩な描画機能も備えており、多機能ぶりには定評がある。

使い勝手に優れることなどから一般ユーザにも愛用者は多いが、個人向けソフトとしては高価なため、「Photoshop LE」や「Photoshop Elements」といった機能を限定した廉価版もリリースされている。


<Wiki>http://ja.wikipedia.org/wiki/Photoshop

主に写真編集(フォトレタッチ)としての役割を担うソフトウェアとして、画像加工、イラストレーション、印刷業界などあらゆる画像分野で使用されており、この分野では代表的な存在である。

主に写真などの加工に適しており、さまざまなフィルタやプラグインを追加することによって、機能を拡張することができる。

また、Illustrator や InDesign といった同社の他のソフトとは、シームレスな連携がはかられている。

Photoshop の標準画像ファイルフォーマットはPSD形式であり、レイヤーやパス、印刷情報や著作権情報などを付加して保存できる。

また多くの画像フォーマットに対応しており、ビットマップ画像だけでなくベクターイメージを扱うこともできる。

プロフェッショナルユーザーだけでなく、アマチュアのイラストレーターや写真家、画像加工に興味ある一般ユーザーにも浸透し、画像加工・調整を行ううえでの事実上の標準ソフトとなっている。

1995年、Windows 95 の発売を機に一般の間にパソコンが爆発的に普及してからは、CGイラストやデジタル同人誌制作に必要不可欠なソフトと認識されるようになった。


パーソナルユース向けに機能を限定した廉価版として、
Photoshop Elements が発売され(過去には Photoshop LE、Photo Deluxe など)、各種のデジタルカメラやスキャナ、ペンタブレットなどに付属ソフトウェアとして同梱されていたり、パッケージとして販売されている。

付属ソフトウェア版は商品版よりも実質的に安く入手できるかわりに、通常商品版よりも1世代前のバージョンのものが同梱されていることが多い。

通常版との違いは、レイヤー機能の一部に制限があり、トーンカーブ・パス機能がなく、CMYK画像の編集ができない点などがある。

画像管理面の機能も付加され、直感的な操作で作業が行えるなど、パーソナルユース向けの性格を強くしている。
また、高機能なデジタルカメラの普及にともない、RAW現像に特化したソフトウェアとして、Photoshop Lightroom が Photoshop ファミリーとしてリリースされている。

オンラインサービスとしてFlashベースのAdobe Photoshop Expressがある。
利用には無料のアカウント登録が必要で、用意された2GBのストレージに画像や動画をアップロードして編集・管理できる。
また、Facebook、Flickr、Photobucket、Picasaなどの外部サービスと連携することもできる。


CS3(10) からは通常版 (Standard) に加え、映画制作やエンジニア、製造、建築、医療、科学分野を対象に3次元コンピュータグラフィックスや動画ファイルの編集機能が付加された Photoshop Extended も提供されている。また、これはImage Reaby を統合した。

イラスト制作
Photoshop はその編集性の高さから絵を描くことにも使われるが、この用途では Photoshop と同時期に登場したフラクタルデザイン(後にメタ・クリエイションズ、コーレルで開発)の Painter が有名である。

画像の切り貼りや色調整などの画像加工に長けた Photoshop に比べ、 Painter はブラシや画材などの描く・塗る・デッサンなどの「用具を用いて絵画を描く機能」の再現をスクリーン上で行なうことを主旨に発達しているため、ペンタブレットとの相性や描画機能など、絵を描く上で Photoshop よりも優れている点が多い
(ただし、CMYKの出力が Photoshop よりも若干劣るため、併用している者も多い)。

この他、同じコーレルから発売されている Corel PHOTO-PAINT や、シェアウェアから発展した Corel Paint Shop Pro、オープンソースソフトの GIMP も、同種のソフトである。

コミック制作
そのほかに、漫画の制作でも使われることがある。
漫画制作に使われる他のソフトウェアとしては ComicStudio や ComicWorks などがある。
なお、これらのソフトウェアは漫画を制作するためのソフトウェアなので基本白黒での作業になる(最新版はカラーに対応)。

画像整理
Photoshop の近年のモデルには画像整理機能がついている。
CS4・Photoshop Elements (Mac版) の場合は(セットパッケージのみ)Adobe Bridge、Photoshop Elements (Windows版) は整理モード、先述の Paint Shop Pro もオーガナイザで選別をしていく仕組みになっている。
また、併用して画像整理ソフト ACDSee や、フリーウェアの Picasa、MediaOne などが使われることもある。

ソフト目次


 


Illustrator3、Illustrator (Ai)

<e-Words>

Adobe Systems社のグラフィックス描画アプリケーションソフト。

画像を点の座標や点を結ぶ曲線の方程式のパラメータなどの形で扱うベクター(ベクトル)グラフィックスを作成・編集するソフトで、直線や曲線、円などの図形を組み合わせて描画を行う。

ベクター形式の画像は図形の集合で表されるため、輪郭の修正などが容易なほか、解像度によらず高品位な表示が得られるなどのメリットがある。

Illustratorは主にプロをターゲットとした製品で、印刷用画像を作成する機能が豊富にそろっている。

近年ではインターネットでベクターグラフィックスを扱う機会が増えているため、Macromedia Flash形式などでのデータ書き出しにも対応している。


<wiki>http://ja.wikipedia.org/wiki/Illustrator

イラスト制作は勿論のこと、ロゴタイプや図面、広告、パッケージなどをデザインする描画ツールソフトとして、印刷業界などあらゆる分野で使用されている。

特にDTP業界においては印刷物(チラシや小冊子)制作ソフトとしてはデファクトスタンダードとなっていて、デザイナーはAdobe Photoshopと併せて使用する場合も多い。

また、プラグインを追加することで、CADや3DCG機能などを拡張することもできるので、様々な分野のクリエイターが使用している。

Illustratorの一番の特徴はベジェ曲線で、これを使うことで簡単かつ強力な描画が可能である。

形を構成する曲線や直線は、「ペンツール」により作られるアンカーポイントとハンドルのバランスで決まり、フォトレタッチツールのようにカーソルの動きがそのまま線となるわけでないので扱いは難しい。

しかし慣れるとユーザーの思い通りの線が直感で引け、細かい調整も素早くできるので、とても便利である。

ほかにも図形作成、着色、文字入力、画像配置など多くの機能があり、バージョンを重ねるごとに複雑な作業を楽にできるよう工夫されている。

2005年、CS2(バージョン 12)をリリース。ビットマップ画像をベクトル画像に変換する「ライブトレース」機能などが追加された。

2007年、CS3(バージョン 13)をリリース。「ライブカラー」や「消しゴムツール」、アンカーポイントを強調表示する機能などが追加された。

2008年、CS4(バージョン 14)をリリース。複数のアートボード、タブウィンドウが使えるようになった。

2010年、CS5(バージョン 15)をリリース。「遠近グリッド」や「絵筆ブラシ」などの機能を追加した。

パッケージデザインとソフト起動時の画面は、バージョン10まではサンドロ・ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」をモチーフにしたものであったが、CS1(11)およびCS2(12)は「スタイリッシュ」な花に一新された。

その後にリリースされたCS3(13)、CS4(14)、CS5(15)ではオレンジ色のグラデーションが使用された画面になっている。
また、CS2(12)から不正利用を防止する目的でアクティベーション(認証)が導入された。


Illustratorは、プラグインソフトの活用により機能性を向上させることができる。
サードパーティ製プラグイン

ソフト目次



 


Dreamweaver  4,Dreamweaver (Dw)

ソフト目次


 


Fireworks 5,Fireworks (Fw)

ソフト目次



 


Indesign 6,Indesign (ID)

DTPソフトウェア
グラフィック処理能力が他のDTPソフトよりも強力。他DTPソフトでは画像を挿入する時にはeps形式やTIFF形式などのデータでなければならない事が多いが、InDesignではIllustratorやPhotoshopのネイティブデータをそのまま表示、出力することができる。これが出来るのはほかにCorelDRAW(ただし、バージョン形式の対応が遅れる、一部条件で変換に失敗することがある)などしかない。

またリンクだけでなく、それらのデータをドラッグ&ドロップ操作によってInDesignの中に取り込むことも可能。半透明の画像も扱うことができ、ドロップシャドウ処理を施した文字の再編集が容易な点などは、デザイナーの支持を集める要因となっている。

従来、デザイン性の高いレイアウトワークはIllustratorなどで行われることが多かったが、Illustratorはページ管理機能を持っていないため、手作業によるページ管理が必要となり、制作段階から製版段階に至るまで極めて煩雑でミスを招く原因となっていた。そういったレイアウトワークをInDesignでおこなうことで、手間やミスを排除できると期待されている。

ソフト目次



 


Acrobat  7,Acrobat

ソフト目次



 


SoundBooth 8,SoundBooth(Sb)

オーディオ制作や編集の為のソフトウェア

ソフト目次



 
Contribute 9,Contribute (Ct)

Webオーサリングツール。
同じAdobe社が販売しているAdobe Dreamweaverが、ある程度のHTMLとCSSの知識を持った開発者が使用するWebオーサリングツールであるのに対して、Adobe Contributeはウェブサイトやブログの修正や更新を行うことに特化したCMS的なアプリケーションであり、HTMLやCSSでのウェブサイト作成の経験がなくても使うことができる。

Wiki_Contribute

ソフト目次



 


Bridge 10,Bridge (Br)


意外と使える!?Adobe Bridge

ソフト目次



 


AfterEffects 11,AfterEffects (AE)

映像のデジタル合成やモーション・グラフィックス、タイトル制作などを目的としたソフトウェアであり、この分野では代表的な存在である。「A.E.」「AE」(えーいー)と略されることもある。After Effectsは主に映画の映像編集、CM制作、テレビ、ゲーム、アニメ、Webなどのコンテンツ制作に広く利用されている。

Wiki_AfterEffects

ソフト目次



 


Encore 12,Encore (En)

DVD、ブルーレイディスクなどの製作を目的としたオーサリングソフトウェア。
、あらかじめ編集された動画データや、静止画をDVD等に再生できるように編集、エンコードする作業が主な目的で、インストールされたパソコンに搭載されたDVDバーナーで、記録形DVDに市販のDVDプレーヤなどで再生できる形式に記録する。
字幕トラックやオーディオトラックを複数書き込むことができ、メニューもボタンのリンクを詳細に設定できるため、DVD Video形式の機能のほとんどをサポートしている。
このソフト自体にDVDを書き込むエンジンが搭載されているため、DVDライティングソフトを別に用意する必要はないが、ISOイメージでの書き出しをサポートしているため、好みのライティングソフトでDVDを作成することができる。
また、DLTドライブを接続することで、DLTテープに書き出したものを、DVDプレス業者に入稿することができる。

ソフト目次



 

 
PremiereProFunctionContent13,PremierePro (Pr)

映像編集を目的としたノンリニア編集のソフトウェアシリーズ。DVの映像などを簡単に編集できる。

Wiki_Premiere Pro

ソフト目次



 


OnLocation  14,OnLocation (OL)

ディスクへリコーディングさせるソフトウェア

Adobe_OnLocation

ソフト目次




MediaPlayer  15,MediaPlayer

ソフト目次



 


MediaEncoder 16,MediaEncoder

ウェブ、携帯電話、タブレットなど、様々な映像フォーマットへの出力を64-bit対応のAdobe Media Encoder より効率よく。分かりやすいプリセットとメニューで、Adobe Premiere Proのタイムラインから複数のフォーマットへ、まとめてエンコード

ソフト目次



 


VersionCueServer 17,VersionCueServer

バージョン管理ソフトウェアである。単品では発売されていない。
他のAdobe Creative Suite群のソフトウェアから利用できるように設計されている。

ソフト目次



 
ExtensionManager 18,ExtensionManager

ソフト目次



 
Drive 19,Drive

ソフト目次



 


DeviceCentral 20、DeviceCentral

PC上で携帯電話のシミュレーションを行うためのソフトであり、FlashPlayerのエミュレーションモードを備えている。プロファイルと呼ばれる各携帯電話のスペック情報(CPU、解像度、カメラの有無など)をまとめたファイルを読み込むことで、多数の携帯電話をシミュレーションできる。CPUのエミュレーションも行うことで、これまでPC上では確認できなかった携帯電話でのFlashコンテンツの動作を確認することが可能である。CS5からスマートフォンに対応し、フリックなどの操作にも対応している

Wiki_DeviceCentral

ソフト目次



 


PixelBenderToolkit 21,PixelBenderToolkit

ソフト目次



スポンサーサイト
▼ページ最下部へ △ページトップへ
[ 2011/09/14 20:04 ] IT Soft | TB(0) | CM(0)












△ページトップへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。