▼ページ最下部へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ページ最下部へ △ページトップへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リステリア菌:食中毒、胎児死亡・脳障害に

リステリア菌:食中毒、胎児死亡・脳障害に

 食中毒の季節。妊婦が感染すれば流産や早産を引き起こす病原菌がある。主に食べ物を介する「リステリア菌」だ。チーズやハムなど、口にすることが多い調理済み食品にも付着している。厚生労働省は「妊娠中はどんなものも火を通して食べて」と、注意喚起に力を入れている。【鈴木敦子】

 ◇低温でも増殖 多くの食品に付着
 ◇国内規制なし 妊婦は必ず加熱を
 リステリア菌は自然界に広く存在し、野菜や食肉、乳製品、魚介類から検出されている。東京都健康安全研究センターが00~03年に市販食品を調べると、ソーセージや一夜干しのあたりめ、ぬか漬けきゅうりからも見つかった。

 世界保健機関(WHO)によると、リステリア菌による食中毒の発症は「100万人あたり0・1~10人で比較的まれ」だが、「全症例の約40%が妊娠に関係しており、流産、早産、死産および新生児疾患の原因にもなる」という。妊婦は抵抗力が弱いため感染しやすく、胎児にもうつる可能性が高い。胎児の脳神経にダメージを与え、胎内で死亡したり、髄膜炎や敗血症を発症し、脳障害が残る例も確認されている。

 聖路加国際病院は10年9月、日本産科婦人科学会の学会誌に、妊娠20週の妊婦がリステリア菌に感染し死産した症例を発表した。妊婦は10日前から発熱し、来院時は38・8度と高熱だった。胎動が消え、子宮内で胎児が死亡していた。昭和大医学部も同誌に妊娠31週の妊婦(39)の感染例を報告。妊婦は約2週間前から風邪のような症状が出て、受診時は体温が38度を超えていた。胎児は髄膜炎や敗血症にかかり、水頭症も発症したという。

    *

 菌の危険性はほとんど知られておらず、一部の保健所は妊婦に注意を呼びかけている。東京都日野市が毎月開く「ママ・パパクラス」。栄養士が説明すると、多くが驚いた表情を見せた。

 「おしゃれな料理で出てくる生ハムや半生のチーズも気を付けましょう」

 参加者の池田雅子さん(35)は「妊娠中にかかりやすい食中毒があるとは全く知らなかった。刺し身は手軽なのでよく食べている。火を通して防げるなら、徹底したい」と話した。

 米国で98年、ホットドッグで101人が発症し21人が死亡するなど、欧米ではリステリア菌による集団食中毒が発生し、危険が知られてきた。日本ではリステリアの報告義務がないため、患者数は分からないのが実情だ。

 国立医薬品食品衛生研究所食品衛生管理部の五十君(いぎみ)静信・第一室長は01~02年、国内の2258病院・施設を調査し、95年以降のリステリアの年間発症者は83人、100万人あたりの発症率が推定0・65と算出。欧米と大差ないことがわかった。

 五十君氏は「乳児はほとんどが胎内の母子感染。原因不明とされた流産や死産は、リステリア菌の感染で引き起こされたものもあるのでは」と分析する。

 現在、国内にはリステリア菌の衛生基準はない。食品衛生法は輸入食品のナチュラルチーズと非加熱食肉製品(生ハムなど)に限り菌が検出されれば輸入停止措置を取るが、国内製品は「手付かず」(厚労省)だという。欧州連合(EU)では、調理済み食品に「1グラム当たり菌数100以下」との基準があり、厚労省も衛生基準の導入に向け、今年2月から薬事・食品衛生審議会で検討を始めた。

    *

 リステリア菌が怖いのは、冷蔵庫でも菌が生きていることだ。帯広畜産大の川本恵子准教授によると、菌は0~4度の低温でも増殖可能で、海外の研究ではマイナス1・5度でもゆっくり増殖することが報告されている。10度では1週間で菌が10倍になるとされ、「冷蔵庫やチルド保存の過信は危険」と警告する。

 菌には味もにおいもない。「漬け物や魚介類の薫製でも検出されている。妊娠中は生ものや長期保存した物は避けたほうがいい」と川本准教授は言う。

 リステリアに対する認識は産婦人科医でも個人差があるという。愛育病院(東京都)の安達知子産婦人科部長は6月、母子保健の機関誌でリステリアへの注意を呼びかけた。「妊婦が感染すると胎児への感染を食い止めるのは難しい。食生活で予防できるので、産婦人科医が菌を理解し、アドバイスできるようにしたい」と話す。

毎日新聞 2011年7月3日 東京朝刊
スポンサーサイト
▼ページ最下部へ △ページトップへ

生食肉業者、届け出制度導入へ 9割が衛生基準満たず

焼き肉店集団食中毒:生食肉業者、届け出制度導入へ 9割が衛生基準満たず /三重

 ◇県検査
 焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件を受けて県が行った立ち入り検査で、生食用食肉を扱う県内業者計485施設(四日市市を除く)の約93%が国の衛生基準を満たしていなかったことが23日、分かった。このため県は、生食肉取り扱い業者に対し、今秋にも届け出制度を導入する方針を固めた。これまで厳密な規定がなかった細菌の自主検査についても定期的な実施を求めることを検討する。

 調査では、飲食店など計約1万7000施設のうち、焼き肉店や食肉処理業、食肉販売業の計332施設の調査を5月末までに実施。その後、7月末までに、すし店や居酒屋、旅館など計153施設の追加調査を行い、生食肉を取り扱う全施設の調査を終えた。

 その結果、調査した485施設のうち、生食肉のトリミングや細菌の自主検査実施など衛生基準を満たしていたのは33施設(6・8%)にとどまった。不適合とされた施設の約9割は自主検査を行っていなかったという。

 生食肉の取り扱いについて、国は今秋にも新たな規格基準を法制化する見込みで、県は新たな規格基準を踏まえ、監視指導強化のために届け出制を導入する。また、基準を分かりやすく示す営業者用のマニュアルも作成する方針。県薬務食品室は「届け出制導入にあたっては年2回程度の自主検査を求めることを検討したい」としている。【田中功一】

http://mainichi.jp/area/mie/news/20110824ddlk24040208000c.html


▼ページ最下部へ △ページトップへ












△ページトップへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。